困難

腰部脊柱管狭窄症の原因|気になるズキズキはココで改善

物質の抽出の化学的方法

病院

物質を抽出する方法

免疫沈降を利用した実験の方法として免疫沈降法があります。これは液体に溶ける性質を持った抗原と抗体が特別な方法で反応を起こすことによって、液体に溶けないで沈殿するという現象を利用したものです。こうした方法を利用することである特定の物質を抽出したり、分離したりすることができます。なぜこのようなことができるのかといえば、それは抗原を基質と連結することで、より大きな物体となるからです。それによって物体が沈殿して免疫沈降の現象が起こります。この時に物質どうしの間で起きる連結はポリマー同士が結びついています。ポリマーが結びつくことによっておきる連結は、結合した後の物質の性質自体が大きく変わることもあります。

遠心分離などの方法

免疫沈降を行なう方法としてよく行われているのは磁気ビーズ法です。これは磁気ビーズを使用することで、より結合を促すことができる方法です。この方法の利点は比較的短い時間で行なうことができることです。使用する物質によっても免疫沈降のしやすいものと、そうでないものがあります。免疫沈降をしやすいのはポリクローナル抗体です。免疫沈降を行なう場合には遠心分離を行うのが一般的な方法です。物体を混ぜ合わせてまず一定の成分を取り除くために遠心分離を行ないます。その後で沈殿した物質を取り除くために再度遠心分離を行います。このような過程を通して目的の物質を取り出すことができます。磁気ビーズを利用する方法では遠心分離の代わりに磁力を使用します。