困難

腰部脊柱管狭窄症の原因|気になるズキズキはココで改善

治療が必要な病

医者

原因を探ろう

睡眠時無呼吸症候群は、さまざまな原因が考えられます。一つは、脳幹や心臓の病気が原因で、脳の呼吸中枢に異常が起こり、睡眠時無呼吸症候群が起こる場合があります。この場合は、まず脳幹や心臓など、原因となっている病気を治療することが第一です。または、耳鼻咽喉部の異常によって、上気道が詰まってしまい、睡眠時無呼吸症候群が起こることがあります。さらに、肥満によって肥大した脂肪が上気道を塞いでしまう場合もあります。その他にも、睡眠薬やアルコールを摂取してから寝ることで、咽喉部が緩みやすくなり、上気道を塞いでしまうこともあります。このように、睡眠時に上気道を塞いでしまうような場合には、シーパップ療法が有効とされています。シーパップとは、気道を確保するための機械です。

長い間呼吸が止まる

睡眠時無呼吸症候群の特徴は、寝ているときに呼吸が長い間止まることです。長い人では、1分近く呼吸が止まる人もいます。呼吸が止まってしばらく経つと呼吸が再開しますが、また呼吸が止まってしまいます。睡眠時に呼吸をしたり、止まったりを繰り返す病気です。寝ている間に呼吸が乱れるため、眠りが浅くなってしまい、眠りの質が悪くなってしまいます。そのため十分な睡眠がとれず、昼間も眠くなってしまうことがあります。また、ただ眠いというだけではなく、心疾患や高血圧を引き起こすことがあります。満足な睡眠が得られないという問題のみならず、病気を発症する恐れもあるため、治療が必要です。睡眠専門外来や精神科などでも治療を行うことができます。