女性

腰部脊柱管狭窄症の原因|気になるズキズキはココで改善

物質の抽出の化学的方法

病院

免疫沈降とは物質を遠心分離などの方法によって抽出する方法のことです。抗体と特定の物質を結合させることにより、物質を大きくして沈殿しやすくします。免疫沈降の方法としてはその他に磁気ビーズを使用した方法もあります。

もっと読む

痺れと痛みの原因と対策

病院

治療の主流は手術以外

気になるズキズキはココで改善しましょう。腰部脊柱管狭窄症は手術以外では治すことは不可能なのですが、手術以外の治療法を用いることが主流です。理由は、罹患者の多くが高齢者であること、そして、手術にはリスクがつきものということが挙げられます。ただ、一方で手術をしても必ずしも効果的ではないということも理由となっています。というのは、痺れや痛みといった症状は、腰部脊柱管狭窄症以外のことが主な原因となっていることが多いからです。それを裏付ける事実があります。脊柱管狭窄症の原因は加齢であり、多くの高齢者の脊柱管は狭窄しています。にもかかわらず、症状が出る人と出ない人がいるということは、原因は脊柱管狭窄症以外のことだと考えられるというわけです。この事実を踏まえると、手術を受けなくても、辛い症状を改善することは可能だということになります。

筋肉と筋膜の老化

では、症状の主な原因は何かというと、筋肉や筋膜の老化です。老化によって筋肉や筋膜が柔軟性を失ってしまい、常に緊張した状態になってしまっているので、痺れや痛みが生じてしまうのです。このようなことですから、医師から腰部脊柱管狭窄症だと診断されると、筋弛緩剤や血流が良くなる薬が鎮痛剤と一緒に処方されます。そして、ストレッチ等の運動療法が効果的ということにもなります。薬物療法と運動療法を、しっかりと行っていれば、腰部脊柱管狭窄症を治さなくても、症状は改善できます。但し、症状の主な原因が腰部脊柱管狭窄症そのものであることはあります。また、自己流で運動療法を行うと、却って症状を悪化させることがありますから、医師に診察してもらう必要はあります。

経験豊富な医師の診察

医者

内科は数多く存在していますが、アクセスする際の利便性が重要なポイントです。新宿で見てみると内科の数が多いだけでなく、駅やバス停の数も豊富となっています。19時以降の夜間診療を行っているところも新宿では存在しています。普段から利用していると対処しやすく、突然の事態でも安心できます。

もっと読む

治療が必要な病

医者

睡眠時無呼吸症候群は、長い間呼吸が止まり、呼吸を再開しても、また止まる、を繰り返す病気です。睡眠不足だけでなく、心疾患や高血圧を引き起こすことがあります。原因を探り、原因を取り除くための治療をすることが必要です。

もっと読む